スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏崎

中越沖地震から5日経った。柏崎は夫の出身地、私の第二のふるさと。実家は柏崎港に近い高台にあって二階の窓から港が、振り返れば米山が見える。今回の震源地に近い。80代の夫の両親と100才になるおばあさんの3人世帯。
16日は私たちは朝から遠出していて、夕方帰宅して地震があったことを知った。すぐ電話したけど携帯は全然繋がらず、一般電話の方が一発で繋がった。(後日回線パンク状態だったとドコモの発表。AUに交換を検討中。)その時点では水とガスが出なくて、電気は使用可家は壊れてないということだった。夫が話したけど極楽蜻蛉なので「大丈夫心配ない」といわれて「そうなの良かった」くらいで切ってしまった。バカヤロー親は大丈夫って言うに決まってるじゃん!これだから末っ子はダメなのよと文句を言った。どうしても心配だったので、二度目の電話で変わってもらってすごく久しぶりに義父と話した。義父と私はお互い大好きなんだけれども、話すときは照れてつい改まってしまうみたいな関係で、久しぶりに話したら話せること自体が嬉しくて父は笑いながら嬉しそうにしゃべっていた。こんなに喜んでくれるならもっと電話しておけば良かったと思った。

電話とメールでの話をまとめると。水は2日経って出たものの、ガスは現在も止まったままでしばらく復旧しないらしい。(家が水源地に近いため「いの一番に復旧してくれてありがたい、他の地域はまだでないところが多い」とのこと。)
父の家は数年前に建て替えたので幸い建物の被害はなかったが、「壊れてなくて申し訳ないくらい」周辺は酷い状態だそうだ。物が散乱した道路を自衛隊、救援隊、ボランティア、報道、警察などの車の列が際限なく続き「テレビでしか見たことのない自衛隊員の姿やものものしい戦場のような車がつづき戦争が始まったようです。そこへ警視庁の車が十数台その他東京ナンバーの消防車など全国からの救急車や救援隊の車でパニックです。(義母談)」至る所で渋滞し、物がある無し以前に”買い物に行く・配給を受ける”など住民の移動自体が困難らしい。
水が無くてさぞ困ったろうと思ったら、おばあさんが「冬の水が美味しい」とかでペットボトルに汲み置きしたのを床下に何本も蓄えていたのが役に立ったと言う。それと震災翌日が雨になり、父の家は新しいので雨どいは直接地面に埋め込まれてるタイプだけど、隣家にある古い空き家のトタン屋根から雨水が流れるのを、バケツで溜めてトイレなどに使ったそうだ。「おばあちゃんのガラクタと、隣のボロ家に助けられた」と笑っていた。料理は電気コンロとレンジで出来ているとのこと。「皆さんに申し訳ないですが家の中は信じられないくらい静か(母のメール)」皆さんに申し訳ない…というのが真面目な父母らしい。

私も被害にあった皆さんに申し訳ないけれど、父母とその家が無事でともかく良かった、というのが正直な気持ち。遠くで何一つ役に立てないのがもどかしい。毎日ニュースで見るたびに何かしてあげたいと思わずにいられない、そんな感心な人間ではないくせに。TVで写る柏崎の人たちの面影が、皆どことなく両親や夫に似ているせいだろうか。見知った場所や新潟弁や懐かしいあれこれを思いがけず毎日ニュースで見て、泣きそうになってしまう。何年も帰ってなくてごめんなさい。本当は帰りたい心から。
何か要るものがあれば送りたいけれど、こういうとき慌てて物を送ってさらに輸送路を混雑させるようなことは控えるべき。切ないけど今は連絡をとりあいながら様子を見ることにしている。あとは救援募金。
日赤義捐金募集
イーバンク義捐金(手数料がかからないで便利)
何よりもやはり水に困るというのはよく分かった。北海道も地震は多い。水の汲み置きうちでもすることにしよう。
スポンサーサイト

妙味絶佳 ぶっかけ飯宣言

最近嬉しくなってしまう本を見つけた。ぶっかけ飯の快感-A級保存版のBCD級グルメ」 。著者は発酵学教授こと小泉武夫先生。爽快な文章の一端をご紹介すると、
「ご飯の上に竹串を外した一本を載せ、それを前歯で3分の1くらいの量をちぎって口に入れ、噛むと、まず油でカラッと揚がった香ばしいシソの葉の臭いが、鼻腔にフワッと押し寄せてきます。その直後、口の中には重厚な味噌の味ととうがらしのピリ辛が拡散し、それが揚げ油からきたコクみと出会ってマイルドになります。すかさずそこにご飯を追っかけて入れてやると、今度はとたんにご飯からの上品な甘みと混じり合い、口の中はまことにもって妙味絶佳の世界に染められてしまうのです」。
なんたる臨場感たっぷりの描写。湧き上がるごはんの湯気、料理の香り、カッカッとかき込む時に茶碗に当たる箸の音まで聴こえてきそう。食についてのエッセイを読むのは好きだけど、美味しくものを食べる喜び・幸福がこれほどまで真に迫って感じられた本は初めてだ。あ、ここで論じられている料理は「紫蘇巻き(味噌を紫蘇の葉に巻き込んで油で炒める)です。他の料理も全て、なんでもない、日本人ならどこでも誰でも味わうことが可能な、低価格で出来る、庶民的、しかし奥の深~い、B級グルメの数々だ。例えばサバ水煮缶を使った鍋、餃子丼、ベーコン茶漬け、納豆カレー、サメの煮付けなどなど全て著者が自分で考案し、工夫し作り、自分も楽しみ人にも振舞う料理。つまり小泉先生流料理のレシピ本なのだ。
第一章の一番最初の文章タイトルが「猫飯こそ食味の悟り」。ああ猫飯!この一文を見ただけで思いましたね、この方こそ私の同士だ!と。夜中に布団の中で読みながらクスクスわはははと笑っていたら家族に「何読んでるの」と訊かれ、料理の本と言ったら驚いていた。だってこんな傑作な本、嬉しくって笑わずにいられようか。ついでに夜中というのにお腹が空いて困ったけど。
元から私は小泉先生大好きだ。お話がとっても面白いしわかりやすい。深く考えれば豊かな含蓄がありまた現代社会への鋭い批判も読み取ることが出来るだろうけど、何より面白いからお話を聴くのが楽しいし、表情豊かな話し振りから伺えるお人柄も魅力的。生きる喜びに溢れた方だなぁと。そしてこの本を読んで、本当の傑物だなぁと感じ入ったのでありました。何しろご自身を「味覚人飛行物体」、自ら包丁を奮う厨房を「食魔亭」と名づけておられるのだ。レシピの数々も”食べるのが好きなオヤジの独りよがり素人料理”なんかでは決して無い。専門家としての豊かな経験(もちろん魚の捌きなんかはプロ級)と生来の食道楽が合体しての、アイデアに富みつつ合理的なメニューばかりである。度々他の人にも振舞っていつも大いに評判が良いそうだ。

私も以前汁かけご飯が好きだと書いた。でもそう書くのは(女性として)ちょっと恥ずかしい部分もあったりした。だいたい女同士の食べ物に関する会話で「味噌汁って冷たくなってからが美味しいよねー」「それを温かいご飯にかけて、上にたくあんとチーズと昆布の佃煮を乗っけてグルグルかき混ぜてかっこむと美味しいよねー」みたいには、ぜーっったいにならない。どころか「そんなこと外で言うんじゃありません!!」と母親から口止めを言い渡されたり。猫飯ライクにいろんな食べ物を混ぜて乗っけて食べると旨い、と堂々書いているのは100%男性だ。”女の本物志向”ってのは、本物イコール高級品だと勘違いしてるフシがなきにしもあらず。自分もそんなわけわかんない思想に侵されてるフシがなきにしもあらず。
でも小泉武夫先生のご本を読んで、「そうよそーなのよ!誰がなんと言おうとぶっかけ飯は旨いんだぜ!!」と強く思ったので、改めてここでぶっかけ飯宣言したろーじゃないという所存である。簡単だけど安直じゃない、安価だけどこだわりあり。高いものにしか美食が存在しないと思うことが間違いなのだ。食味の道は深く、しかれども決して手の届かない世界のものではない。日々の生活の中にこそ賢い工夫が、奥ゆかしい知恵が生かされるべきものだ。とある人気料理作家のレシピを見たら、パンケーキひとつにしても小麦粉は「出来るだけ無漂白」で、シロップは「出来るだけ本物のメープルシロップ」で、バターは「出来るだけ純正バター」で、だって。そりゃー美味しいに決まってるじゃん!!(怒)それより教え子が美味しい地酒を贈って、どんなに先生喜んだことだろうと伺ってみたら怒っていて、曰く「あんな美味しい酒をもらったら、毎日晩酌している安酒が飲めたものではなくなってしまうではないか」と言った内田百の方が、よほど共感できるのだ。そう、いくら美味しい上等な料理でも、ハレのご馳走ばかりにしかならないのはアウト。何でもない食べ物にこそ奥深い味わいが潜んでいる、これを見つけ出すのが食の醍醐味であり楽しみなのです。

クローバー

幸せな時間…と考えると、浮かんでくる情景がある。クローバーの茂みの中に座っている子供の私。真夏で、辺りの空気を震わすようにセミが鳴いている。セミの声の外は何の音も聴こえない。私は湿った草の上に座り込んで、クローバーをむしって下手くそに編んだりしながら、ひとりで遊んでいる。むせるような夏草の臭いと降りしきる蝉時雨を感じながら。

房総半島南端の田舎町に両親が小さな土地を持っていて、子供のときは夏休みを毎年そこで家族一緒に過ごした。細い山道を草をかき分けながら登っていくと少し開けた高台があって、うちの小屋があった。そこからは海がよく見えた。
小屋へ向かう山道の途中に、私の気に入っている場所があった。山道を少し逸れたところに、クローバーの絨毯で覆われた小さな空き地があったのだ。入り口が草の茂みでわかり難いのも、隠れ家みたいで良かった。その秘密の場所に入り込んで、クローバーの中に座って過ごすのが好きだった。草をむしったりするくらいで何をするでもなかったけど、そこにいるとなんとなく幸福だった。海で泳いだり蛍を取ったりトンボを追いかけたり、遊びなら毎日飽きるほどしていた、そんな夏の日々にふと倦んで、静かな緑の隠れ家にひとりでいると、今自分はここでこうしているんだなぁ、という感覚がこみ上げてきたりした。

そんな体験があってか今でもクローバーが好きで、庭にたくさん生えている。雑草なのを取らずにいたら、すっかり増えて芝生代わりになってしまった。こんもりした葉の間から白や薄ピンクの花が立ち上がるのを見ると、ふっと微かな幸福感をおぼえる。

老船長のための流木リース



「老船長のための流木リース A Driftwood Wreath for Old Sea Captain」
直径約50センチ。鴎の羽は専用の穴を作って差し込んである。
虫食い穴のたくさんあいた流木は形に惹かれてたくさん拾ったものの、使う機会が無いまま何年も放ってあった。「これでリースを作ろう」と決めて、ともかくも作り始めたらどんどん作っていけたのは、手を動かしていたら切れ切れに物語が浮かんできたからだ。

穴あき流木はまるで年取った海の男のよう。荒い波と風と潮が作った、無骨で逞しく個性的な顔。よく見るととても美しい。吸い込まれそうな存在感がある。海の男にはきれいな貝殻よりも奇妙で個性的な流木がふさわしい。それと羽。羽はどうしても必要だと思えた。荒々しい海の作用を流木で表わし、潮風を羽が表わす。羽はまた海へ憧れる心も表している。

海のクラフトを作っています。胡舟クラフト
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム