スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困るんです

ムトウハップ(六一〇ハップ)生産終了、工場閉鎖

冗談じゃありません、本当に困っているのだ。六一〇ハップにはずっとお世話になっているので。
六一〇ハップは硫黄の原液みたいな液体で、お風呂に入れると家庭の風呂が草津温泉に変わってしまう優れものである。子供のときうちの風呂場にもあった。おかげで硫黄の匂いに拒否反応を持つこともなく、今も白い温泉大好きである。
でも現在の主な用途は入浴剤ではなく金属燻し用。銅線や銅板をこの液で燻すと、とてもシックというかアンティークなというか、いい感じに黒く渋くなる、彫金や金属工芸をする人にとって必携のアイテム。それ専用の薬液も出ているけど、少々手についても比較的刺激が少なく燻しも濃淡柔軟に使える六一〇ハップが最適。入浴剤にもなるし。私はこの燻し作業が好きなのだ。特に広い面を燻す場合一度でいい雰囲気になることもあるし、なかなかいい感じにいかなくて何度も塗っては落としを繰り返すこともあり、その思い通りにならなさやらうまくいった時の気分が、好きな硫黄の香りとないまぜになって独特の快感がある。
六一〇ハップが世の中から消えていこうとする原因は、当節流行?の硫化水素自殺。本当になんとも迷惑で腹立たしい。六一〇ハップが何をしたっていうの?子供の汗疹を治してくれる白いお湯、シルバーをいけてるジュエリーに仕上げる魔法の水ではないか。自殺も流行があるんだかなんだかしらないけど、これからトライしようとする人にお教えしとく。もっとも手軽で苦しくないのは「回線切って首吊っ(ry」ってゆう、アレだから!これはちゃんと研究結果みたいのがあったはず。だから我が国の最高刑にも採用されているのだ。お願いだから六一〇ハップ使わないで!これ以上六一〇ハップを悪者にしないで!

muto8.jpg
六一〇ハップを用いた作品の数々
スポンサーサイト
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム