スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老船長のための流木リース



「老船長のための流木リース A Driftwood Wreath for Old Sea Captain」
直径約50センチ。鴎の羽は専用の穴を作って差し込んである。
虫食い穴のたくさんあいた流木は形に惹かれてたくさん拾ったものの、使う機会が無いまま何年も放ってあった。「これでリースを作ろう」と決めて、ともかくも作り始めたらどんどん作っていけたのは、手を動かしていたら切れ切れに物語が浮かんできたからだ。

穴あき流木はまるで年取った海の男のよう。荒い波と風と潮が作った、無骨で逞しく個性的な顔。よく見るととても美しい。吸い込まれそうな存在感がある。海の男にはきれいな貝殻よりも奇妙で個性的な流木がふさわしい。それと羽。羽はどうしても必要だと思えた。荒々しい海の作用を流木で表わし、潮風を羽が表わす。羽はまた海へ憧れる心も表している。

海のクラフトを作っています。胡舟クラフト
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム