スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーグース

久しぶりにマザーグースが読みたくなって近所の図書館へ行った。子供のとき家にあった谷川俊太郎訳/堀内誠一画の5冊組があったので懐かしくて借りたけど、もう1冊別のマザーグースがありそれも借りてみたら、大変に楽しい本だった。もう絶版になっているようだ。

「マザーグース」アイオーナ・オーピー編(北村太郎訳)1991年パルコ出版


マザーグース研究者のオーピー夫妻は、長年かけて英語圏から膨大な数の伝承歌を収集・記録してきた。(「マザーグース」という呼び方をするのは日本と米だけで、英国では「Nursery Rhymes(伝承歌謡、伝承童謡)」というそうだ。)未亡人となったアイオーナさんはそれらを後学のための資料としてケンブリッジ(?)図書館に永久保存したいと願い、その費用捻出の一助にと出版された本だそう。全編きれいなイラストと歌で構成されていて、特にこれまであまり出版されたことのない歌が集められている。絵は50人以上もの現代英国の有名イラストレーターが担当している。小さな子供にも親しみやすいような歌がたくさんあって、残酷なものやバッドエンディングなもの(マザーグースらしいダークな歌)はほとんど無かった。その変わり明るく楽しくナンセンスな歌と素晴らしいたくさんのイラストをつらつら眺めていると、微笑ましく愉快な気分になれる素敵な本。イギリス人の絵はアメリカのようなどぎついほどのデフォルメをせず、あっさりしている感じで色使いも繊細で美しい。水彩画の伝統のある国らしく透明感があって、日本人の感覚にもすんなりくるように感じる。お気に入りの絵をいくつか載せておこう。

mg2.jpg
犬がとても表情たっぷりに可愛く描けてて思わず顔がゆるんでしまう。切れてしまってるけど、四隅にいる2匹ずつ組んで踊る犬もすっごく可愛い。

mg3.jpg
このちょっととぼけた味のある絵、一目見て好きになった。日曜日にやっと新しい上着を着られたチャーリーが喜んでて微笑ましい。日曜以外の日に冴えない顔していて可笑しい。

mg4.jpg
ビカースタッフさんが歩いている海辺が、砂利だらけで流木とか転がってて「きっとイギリスの浜辺ってこうなんだろうなぁ」と思った。短い歌に雰囲気のある絵で余韻が残る詩になっている。画家の想像力って凄いと思う。

私が一番大好きな、冒頭にあるサラ・ミッダのイラスト。なんて愛らしくて、なんてファンタジック。
mg5.jpg

参考サイト:オーピー夫妻とマザーグース
おまけ:TOTO--Georgie Porgie(youtube)
(Georgie Porgieはマザーグース中の有名な歌。詩をそのままサビの歌詞にした名曲。)
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム