スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマのこと



今朝夫がクマを見たという。以下は夫の話。
月に一度の公報を配る日だったのでまだ暗いうちに起きた。寝ぼけ眼で照明の紐を引っ張り、ライトが点滅して蛍光灯が点くまでのわずかな間に、足元を灰色の小さなものがすっとよぎった。長い尻尾があって「クマだ」と思ったという。部屋が明るくなるともう何も見えなかった。「頭から尻尾までがこれくらい」と手で示した大きさはまさしく元気だったころのクマのサイズ。二人とも早起きしたのだけど、一足早く起きた夫が後から起きた私に今しがたこれこれで・・・と話してくれた。
実は夫はこれまでに何度か見ているという。いつも同じ状況で、たまたま早朝の暗いうちに起きたとき、電気が点くまでの一瞬に白っぽい小さなものが足元ですっと動くのだそうだ。ナナかと思っても電気が点くともういない。頭らしきものと胴体らしきものがチラと見えるだけなのだが、大きさや雰囲気で猫だと感じる、でも半分寝ぼけているので見間違いかもと思ってたと。そんなことが数回あったが、尻尾まではっきり見えたのは今日が初めてだとか。いつから見てる?と訊くと「去年あたりからだと思う」との答え。ちなみに夫は霊感の類は一切無い鈍感男でその手の話にも興味が無い。
クマは元気だったころは毎日明け方ごろから起き出して、朝の早い夫の枕元に座って夫が起きるのを待っていた。夫が起きると足にまつわりついてご飯ちょうだいと啼いてたから、今でも同じ生活を続けているのかもしれない。そういうことを特に疑わないし、一緒に居るのかと思うと嬉しくもある。クマのダンボールハウスはそのままになっているし環境もほとんど変化してない。そのまま生前の生活を続けていたとしても何の不思議もない気がする。家族を見守るとか殊勝な存在になるでもなくそのまんま、っていうとこが単純なクマらしい。
でもひとつ気になることがある。クマがしんだのは2006年9月。なぜ3年も経ってから姿が見えるようになったのだろう。あれこれ考えてみると、2008年までは毎月の月命日に食べ物を供えてやっていた。クマは大食漢だったけど最後は何も食べられなくなって子猫の様に小さくなってしまったので、お腹が空いているのではと思ったのだ。そこで2年間は月命日にたくさんの食べ物をあげて、2008年以降は命日だけにお供えをするようにした。もしかしたらまだお腹が空いてるのかしら?とりあえず好物のちくわなどを以前の食事場所に置いておいた。他には思いつかないし、考えても理由なぞわかろうはずもないことだけど。
それにしても出るなら私のとこに出ればいいのに。可愛がってたのは私の方だぞ。なんかちょっと気分を害したのであった。(上は私のデスクトップの壁紙にしている写真)
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム