スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珊瑚草

20051028_58694.jpg

10月中旬のトーフツ湖のサンゴ草。「トーフツ湖」はオホーツク海側にいくつかあって、小清水町のは濤沸湖という漢字が当てられている。ここはワッカ原生花園にくっついてるトーフツ湖で漢字はない。トーフツの意味は湖の口というのだそうだ。

サンゴ草が有名なのは日本一の群生地である能取湖南岸。シーズンにはたくさんの観光客が来て「サンゴ草の歌」が大音量で流れている。(スーパーから民宿まで名前がみんなサンゴソウで笑える。)前はそちらを見に行ってたけど今は行かなくなった。他にも群生していてしかも人が全くいない場所があるから。

近寄ってみると本当にサンゴみたい。正式名はアッケシソウで塩分を含む湿地帯に生える。海水のミネラル成分を豊富に含んでいるので、最近は健康食品としても注目されているらしい。

この日は曇ったり晴れたりしていて、雲間からふいに日光がサンゴソウに当たると、暗紅色が突如燃え立つように変化した。秋枯れの野に燃える紅。胸の奥に涼やかな風が吹くような不思議な気持ち。「枯れて」いて「不思議な情景」、私を惹きつけて止まないオホーツクの風景の魅力。

20051028_58695.jpg
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム