スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートで

20040811_1070171.jpg

私は小さなボートでたったひとり 
暗い水面に漕ぎ出した
はるかかなたから聴こえる 
かすかな声にむかって

その声は とてもかすかだけれど
聴いたことがあるようで 懐かしくて
もしかしたらあなたの声?
私が生まれる前に 
あんなにも
近く 温かく
強く感じていた ひかりの中のあなた

いくら漕いでも 果てしなく水は続き
静寂だけが私を取り囲む
胸は動悸して 目は涙でかすんだ
あなたの声は近くならない

オールからこぼれる水はきらきらと散って
水中に微光を放つ小さな虫になった
涙は水面に落ち 銀の魚になった
ボートの後ろには たくさんの小さな生き物が生まれた

でも私は暗い水面を進むだけ
あなたの声だけを追って
漕ぎ続けている 
いつまでも 
いつまでも…


+++++++

味戸ケイコさんの絵のイメージで書いてみました。
第一画集「かなしいひかり」の復刊を目指しています。
復刊ドットコム
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム