スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い実

9月も半ば過ぎ朝晩はストーブをつけるようになると、庭に可愛い赤い実が増えてくる。

suzurannomi.jpg
これはドイツスズランの実。
今の家に越してきた年の春、駐車場脇につんつんとんがった芽がたくさん出てきて、ギボシか何かかと思いとっぱらって花でも植えようとずんずん引き抜いてしまった。少ししたらスズランが咲き出したので、慌てて保護政策に切り替えた。幸い丈夫な草でそれからは年々増えて、春にはいい匂いの花を、秋には可憐な赤い実をつけてくれる。もちろん猛毒だから間違っても口に入れたりしてはいけない。スズランの花は名前の通り鈴のような雰囲気だけど、実になっても振るとチリリンと小さな音を立てそうな、そんなイメージを持っている。


これはエゾノコリンゴの実。
さくらんぼくらいの大きさの真っ赤な実はツヤツヤしてとても美しい。毎年実るわけではなく少ししかならない年と鈴生りの年とあって、6月に咲く白い花のつき具合でその年の「豊作度」がわかる。去年は少しだけだったけど今年はたくさん実った。これから寒くなるに従って赤みが増して見事になる。あまりきれいな実なので、果実酒にしてみたりジャムにしてみたりいろいろ試したけど、渋くてえぐくて不味くて、どうやっても食べられないことがわかった。でも鳥にとっては冬場の貴重な食べ物。雪が積もって餌が見つけにくくなると、冬鳥がかわるがわるこの木にやってくる。ウソなど冬しか見られないきれいな鳥も来て、観察していると楽しい。春になる頃には実はほとんど残らない。
エゾノコリンゴの枝もワイン色がかって艶があってきれい。若いしなやかな枝で以前リースを作ったら、洒落た雰囲気に出来た。でも小枝がトゲ状に尖っていて固いので、剪定の時は怪我しないよう注意が要る。樹勢が強く枝はどんどん繁る。うちの大木もそろそろ刈り込まないといけないけど、鳥たちのために春まではこのままにしておくつもり。コリンゴが赤くなるとナナとする「コリンゴ遊び」は、真っ赤な実をコロコロ転がしてやるとナナが興奮して追っかけていく。それを毎日やるので、秋はうちの駐車場にナナが転がしたコリンゴがあっちこっちに転がっている。

paserinomi.jpg
これはアスパラガスの実。
北海道の代表的な農産物アスパラガス。普通の家の庭先にもよくアスパラが植わっている。うちの庭にもある。植えてあるというより、あちこちから勝手に生えてくる。ちょうど食べごろの芽に出くわしたときは、遠慮なくぽきんと折り取ってシャツの袖で軽く拭いて、その場で食べる。みずみずしくてとても美味しい。
アスパラは雌雄異株で、釣鐘型の薄黄緑色の花をつける株と、赤いツヤツヤした実をつける株がある。元々は観賞用として入ってきた植物だそうで、確かにけぶるような繊細な葉に薄緑の小花をつけた初夏の姿も、秋に赤い実をいっぱいにつけた姿もとても愛らしい。繊細な葉は寒くなると金褐色に黄葉し、実は冬中赤いまま残る。雪の白にアスパラがぽつぽつ赤い点を打っている景色が好きで、実のついた株は添え木をして大事にしている。まるきり放任なのに毎年律儀に芽を出して、1メートル余りにも成長するタフさなど、魅力の多い植物だと思う。
我が家の門前が通りに接する場所に、毎年太いアスパラが何本か出る。それが最初の数年は芽が出たと思うと翌日折り取られていたりした。何度も続いたので決心し「アスパラを盗むな!」と書いたブロック片を置き、さらに先端を削った枝をぐるりと株を囲むように差しておいたら効果覿面w。以来うちの門前には実をたくさんつけた立派なアスパラがにょっきり生えていることとなった。

onkonomi.jpg
これはイチイの実。
北海道では一般にオンコの名で呼ばれている。(オンコはアイヌ語由来のように言われているが、確かではないらしい。)この木も実をよくつける年とほとんど生らない年とある。イチイは関東にもあったけど、北海道の気候に適しているのかこちらでは大木をよく目にするし、どこの庭にもある木だ。うちにも何本もある。実は液果で口に含んで噛むと甘酸っぱい。ただし黒い種は毒があるので飲んではいけない。鳥たちにも人気で、冬が本格化する前に無くなってしまう。同じ赤い実でもコリンゴやナナカマドのようにパッと目を惹く派手さはないけれど、木の静かな佇まいに釣り合った、透明感のある「結ばれた実」という感じがする。葉の濃い緑に少し甘い赤色も良く似合う。強く主張するわけではないけれど、丈夫で寒さに強く一年中濃い緑の葉陰をつくるオンコの木は、北海道の人にとりわけ親しまれている木だ。私は雨の日のオンコの木が気に入ってる。細い葉の一枚一枚がしずくの飾りをつけてとても綺麗だ。

hamanasumi.jpg
これはハマナスの実。
海岸の砂地に自生して芳香を放つ鮮やかな花は、夏の原生花園の主役。花期が長く、初夏から9月終わりくらいまで花をつける。だから早いものは夏前から実をつけている。盛夏には花も実もいっぱいにつけて北の海岸を彩る。
うちには無いけどすぐ近くの公園にたくさんある。これは夏に撮った写真で葉が緑色だけど、秋が深まるにつれて葉が黄色くなってくる。オレンジ色がかったミニトマトを思わせる実は夏に固く締まっていたのが、秋にはすっかり熟して柔らかくじゅくじゅくした感じになる。以前はこの時期に公園の熟したハマナスの実を取って来て果実酒に漬けていた。ハマナスの果実酒はトロリと自然のとろみがついて甘みが強く、酸味はほとんど無いのでそのまま飲むとジャムシロップみたいな感じ。お菓子作りに使ったり出来るかもしれない。ビタミンCを豊富に含んでいるそうで(レモンの20倍らしい)、美白ブームで注目されたりしているようだ。

nanakamadonomi.jpg
これはナナカマドの実。
イチイやコリンゴと同じく実をいっぱいにつけるのは数年おき。丈夫な木でうちの庭でも雑草のように勝手に生えてくる(鳥が運んでくる?)。この実でも果実酒を作ってみたけど、渋いだけでまったく飲めたものではなかった。でも鳥は食べている、不思議だ。よく街路樹にもなっているけれど、街路樹には向かないのか下枝が枯れている木が多い気がする。大木に育つと自然に樹形が整い、バラ科特有の艶のある木肌に独特の箒のような末広がりの美しい樹姿になる。以前うちの前の通りにすごい大木のナナカマドがあって、実をつけた姿は壮観だったのに、ある年大風で枝が折れてしまい、しばらく経って根元から切り倒されてしまった。とっても残念。
ナナカマドの木の下を通ると、房状になったままの実がよく落ちている。鳥が落とすのか理由はわからないけど、そういうのを見つけるとつい拾って行かずにはいられない。ナナカマドは軸の部分も赤く、赤い房に真紅の実がついてる様子が趣がある。葉も(天候の良い年なら)燃えるような紅に紅葉するので、木が丸ごと真っ赤に燃えているみたいに見える。今の時期はちょうど紅葉が始まりかけていて、枝先の葉から薄赤く色づいて枝元に近い葉はまだ緑のまま、実はもう真っ赤になっている。移りゆく季節を映したようなそんな姿も、繊細な美しさが感じられて好もしい。

クマの写真



そういえばブログにクマの写真載せてなかったなぁと思って。
この写真は2002年の夏だと思う。この年の秋に当時使ってたパソがクラッシュして、中の画像もなくなってしまった。この画像はクマファンだったネットの友人が、メールで送ったのをとっていてくれたもの。

k--714.jpg

2002年7月24日。同様に友人経由で戻った写真。ファイル名が変えてなかったので日付がわかった。去勢手術してすぐの時だ。撮った時のこともよく覚えている。花壇でパンジーの世話をしてたらクマがのこのこやってきて、何を思ったのか花壇の中に入り込み、パンジーの花の中に座った。花に囲まれて澄ましてる顔が噴出すほど可笑しくて、すぐカメラを持ってきて撮った。

k--911.jpg

2003年9月11日。ツーショットは数えるほどしかなくて貴重な一枚。私が自分で手を伸ばして撮ったのでだいぶブレている。クマのうっとりした表情が笑える。本当に抱っこが大好きな猫で、私がPCの前に座ってるといつも「抱っこしてえり~」とやってきて、「お前が乗ってると何も出来ないじゃないのもう!」とブツブツいいながらも抱っこしつつパソしてたっけ。
ちなみに24日有元利夫の記事は、久しぶりにクマを膝に乗せながら書いた。すっかり軽く小さくなってたけど、いつものように頭を私の脇と胸の間に突っ込むポーズで丸くなってスヤスヤ寝ていた。その一時間後くらいに旅立ってしまった。

---
この夏またPCがクラッシュ。前のことがあったから数ヶ月に一度はバックアップをとっていて、そろそろまたとらなきゃと思っている矢先だった。ちょうど同じ頃クマの容態が悪くて、一進一退を繰り返していた。このままクマに何かあったら…とはっきり考えたわけじゃないけど、約半年分のデジカメ写真のファイルをどうしてもあきらめきれず、数万かけてデータレスキューを頼んだ。しかし結果はまったく不満足なものだった。月ごとにフォルダに分けてあった画像データは、ぽろぽろ欠けてなくなっていた。それでもクマの思い出写真をいくらかは取り返せたから後悔はないけど。
でも、PCのデータがいかに脆いものかつくづく思い知った。バックアップの方法はいくらもあるけど、絶対にこれで安全というのはない。バックアップ用HDDを買ってコピーしたりDVD-Rに焼いたりもしたけど、大切な写真はアップするのが一番いいと思うようになった。思い出はいつも見ていられるのが一番いい。

k--902.jpg

麦秋



いま北海道はまさに「麦秋」。麦が黄金色に、あるいは白銀を帯びた緑色に色づいている。小麦には家畜用のものもあって、それは草ロールになる。小麦で作った草ロールは当たり前だけど小麦色だ。6月に牧草で作られる緑の草ロール、次が小麦色の草ロール。あと一回秋のやや末枯れた牧草の草ロールが作られたら、北の大地は冬に向かう。

写真は隣町訓子府の農地。ここを見つけてからは撮影ポイントのひとつに決めて、時々写真を撮っている。

写真ブログ mini photo

帰り舟

20060117_112111.jpg

2004年11月にサロマ湖で撮った写真。パソコンの画像を整理していたら出てきた。
ワッカで遊んで夕方帰るとき、その日の天候によってはサロマ湖の美しい夕景に遭遇できることがある。この日は栄浦港に帰る漁船が逆光に浮かび上がる絶好のシーンに出会い、興奮して何枚もシャッターを切った。このあと水面の光の中に完全に入り込んで影絵になった情景も撮った。
帰宅してPCで見たら空の逆光はきれいに撮れてたけど、色が黄ばんだセピアみたいになっててちょっとガッカリ。そのまま忘れていたのだった。PhotoShopでだいぶ修正してみたけど、まだかなり不満。PhotoShopはあまり使い慣れてないのでこれから練習していくつもり。

牛と紅葉

紅葉を見ようといつものドライブコースを通ったら、牛がいた。

20051031_60744.jpg


「おっ、なんだなんだ?」

20051031_60745.jpg

「写真撮ってくれるらしいぞ」
ゾロゾロゾロ・・・

20051031_60747.jpg

「きれいに撮ってや。」
全員集合、パチリ。

珊瑚草

20051028_58694.jpg

10月中旬のトーフツ湖のサンゴ草。「トーフツ湖」はオホーツク海側にいくつかあって、小清水町のは濤沸湖という漢字が当てられている。ここはワッカ原生花園にくっついてるトーフツ湖で漢字はない。トーフツの意味は湖の口というのだそうだ。

サンゴ草が有名なのは日本一の群生地である能取湖南岸。シーズンにはたくさんの観光客が来て「サンゴ草の歌」が大音量で流れている。(スーパーから民宿まで名前がみんなサンゴソウで笑える。)前はそちらを見に行ってたけど今は行かなくなった。他にも群生していてしかも人が全くいない場所があるから。

近寄ってみると本当にサンゴみたい。正式名はアッケシソウで塩分を含む湿地帯に生える。海水のミネラル成分を豊富に含んでいるので、最近は健康食品としても注目されているらしい。

この日は曇ったり晴れたりしていて、雲間からふいに日光がサンゴソウに当たると、暗紅色が突如燃え立つように変化した。秋枯れの野に燃える紅。胸の奥に涼やかな風が吹くような不思議な気持ち。「枯れて」いて「不思議な情景」、私を惹きつけて止まないオホーツクの風景の魅力。

20051028_58695.jpg

集合写真

20050821_10063.jpg

先日、女満別朝日公園に向日葵の写真を撮りに行った。
この向日葵たち、集合写真を撮ろうと並んでいる修学旅行の生徒みたいにみえる。
「おいちょっとよけろよ」「押すなって」「ピース!」
押し合いへし合いしながら元気よく並んでる、そんなイメージ。

道東・オホーツクの風景写真をデスクトップ壁紙として配布しています。
STARDUST BOX<photo

草ロール

20050806_1070301.jpg

この夏は天候が不順で雨や曇りの日が多い。久しぶりの快晴を待ちかねたように今日は盛んに草ロール作りが行われてた。広い農地にゴロンゴロンと草ロールが転がっているのはちょっとシュールでなんだか愉快になる光景だ。
草ロール作りは1年に3回ほど行われる。最初は6月の頭くらいで、伸びた牧草を刈り取って作るのでロールは緑色。真夏は飼料用の小麦で作るからロールは小麦色だ。3回目は初夏に刈った牧草が伸びたものをもう一度秋にロールにする。少しすがれた草色のロールになる。

前に草ロールのことを「牛のロールケーキ」と言った、素敵な感性の持ち主Cさんは今ごろどうしているのかな。お元気かしら。

20050806_1070300.jpg

スターフィッシュ

20050802_1070297.jpg

コムケの海に行った。台風で洗われた浜には何も収穫がなかったけど、きれいなヒトデがいた。幅20センチくらいあってかなり大きめ。鮮やかな紫色をしている。形が良いけど大きかったので持っていくのはあきらめた。打ち上げられたばかりなのか、まだ弾力がある。
もう少し小ぶりだったら持って帰り、よく干して乾燥ヒトデにするところだ。乾燥するときれいな色は抜けて、黄色っぽい白になってしまう。表面はレースのような感じになる。半年??1年くらいベランダで乾燥させておくと臭いがなくなり、それを漂白すればクラフトに使えるようになる。
帰りに見たら土用波にさらわれたのかヒトデはもういなくなっていた。

エリカ

20050512_1070245.jpg

庭のエリカの花が良く咲いたので写真を撮った。久しぶりに青空が広がって気持ちがいい。草木も喜んでいるみたい。

エリカの花が私は大好き。欧米ではヒースと呼ばれ、痩せて乾燥した荒野に野生で生えているらしい。「嵐が丘」などイギリスの文学を読んでいるとよくヒースの丘が出てくる。以前イギリスに旅した時このヒースの丘が見たくて、郊外の方まで足を伸ばしてみたけど残念ながら見ることはできなかった。
エリカはとても種類が多く、日本で見かける鉢植え売りのものはオーストラリア原産種が多い。これらは暑さに強く放任でも育つので、鉢植えを庭に植えたらびっくりするくらい育って低木のようになったりする。私の実家にも竹箒程に育ったエリカが庭ににょきっと立っていたっけ。
北海道で売られているのはこれらとは全く性質が異なり、イギリスの荒野のヒースと同じ寒冷地原産の種で、背は高くならず地面を這うように横に広がる。成長は遅い。シックなワイン色を帯びた細かい花は球根花との相性もとてもいい。体を低くして顔を寄せれば、芳しい香りもする。
プロフィール

胡舟

Author:胡舟
北海道オホーツクに在住し北の海のクラフトを作っています。

カテゴリー
スポンサードリンク
Arcive
リンク
MOON
CURRENT MOON
検索フォーム